私とあなた

あなたの言葉を聞くたびに
あなたに近づいていく。

あなたに近づいていくたびに
あなたになれないことに気づく。

悲しいも楽しいも嬉しいも寂しいも
あなたと同じように感じることはできない。

あなたと目が合うたびに
あなたを愛おしく思っていく。

あなたを愛おしく思うたびに
あなたになれないことに気づく。

私が見るあなたは私にとってのあなた。
あなたの見る私はあなたにとっての私。

それを理解して今日もあなたを思おう。

河本一衣

コメントを残す