匿名希望(21)

ーじゃあはい、まずは1枚目の。

1枚目でしょこれが。写真でしょ。これ全部おんなじ日なんだけど。
えーっと、これだけだと親が載ってないなあってなって、親の写真ね。
これはあってもなくてもいいやって思うていう感じ。
まあこの人もいたんだよって、この場に。


502











ーじゃあそれがなんで自分の人生において大切なものとして。

これがあって言う、そう、これがあって言うわけかどうかわからないんだけど。
とりあえず一番俺にとって大切な、んーと、人生において大切なもの、は家族なんだ。
で、家族なんだけど、その家族の中でも人生に置いて一番影響したものがやっぱ宗教だと思うんだよね。生まれた時からずっと宗教で生きてきたから、もう宗教の考え方とか価値観が体の中に入ってて、それがなんだろ、俺の考え方になってるんだ。
で、そんな時に、その、その家族、それを教えてくれた家族が人生でやっぱり大切で。
これは去年の誕生日、俺の誕生日なんだけど、その時にお店をね、貸し切ってやってくれたんだ。で、そのお店側もこれでお金取れるとか、取られたわけじゃなくて、無償でやってくれたんだ全部。
で、この人、確かオーナーさんなんだけど、この人もキリスト教の方で、それで親父と、親父がこの店よく来てて、仲良くて。で、息子が誕生日なんですよって言ったら、じゃああの、貸し切ってやってあげるよって言われて。で、それがすごい嬉しかったから、その大切なものと嬉しかったのを合わせてこれかな。

503











ー宗教を教えてくれてるのは多分親じゃない。だけど家族になってるのはなんで。弟とか妹とか入ってくる。

が、入ってくるの。あーそうだね。まあ宗教信じてるもの同士っていうところはあるかな。なんか、そう、キリスト教を信じてる人はみんな家族で、家族とか兄弟とかそういう感じなんだ。
深いところはないなあ。あれか、親だけでもいいじゃんって思ってんの。その宗教を教えてくれたってことだけだったら、うーん、そうだねえ。
でも、なんかその時に思い浮かんだのはやっぱ家族みんななんだよね。まあ親から教えられるけど、やっぱり、弟とか妹とか色んな人の考え方聞くと、そうねえなんか、そういう宗教的な考え方もあるんだみたいな、教えられる時あるんだ。
特に1個下の弟なんかキリスト教の大学行ってるじゃん。だからそういろいろ、これはこういうことなんだよとか言われるとああそうなんだって思って。
それで入ってるのかなあ。


ーでもそこはなんか、宗教の枠を超えて好きなものなんじゃないのかな。

そう、まあそうだね。言っちゃえば家族だからね。宗教に関連づけようとすると、まあそれは大変、そうだね今みたいな説明になるけど、家族ってところで大事だね。


ー色んな多分家族以外にも繋がりってあると思うし、逆に言ったら家族のことはそんなに好きじゃない一面もあると思うんだけど、その中でも家族を一番に選んでる理由ってなんだろう。

ああ。
やっぱりね、親からの愛情というかなんというか、そういうのがね、他の家族と比べるっていうかなんかそういう言い方よくないけど、すごい感じるんだよね。
こうやって貸し切ってやってくれたりするし。
で、俺が小さい時、テトラポットに落ちて頭なんかもうぐちゃぐちゃになったらしいの。で、もう死ぬかもしれないって言われた時に、なんか親父が俺死んでもいいから息子を助けてくださいみたいなことを泣いてお願いしたみたいなこととか聞いたりして。
で、すごいそれで、自分の命よりも俺の命を大事だと思ってくれてる親父だし。
あの、母さんもそう思ってくれてるし。
やっぱそういうものって、すごい、なんだろうなあ。
そう、そういう部分が、で、愛情を感じてるなって思って、そう好きだね。


ーそれはなんだろう両親で、また多分その愛情の感じ方ってじゃあ弟と妹とかは違う。

ああ、違うと思うよ。


ーそっちはどうして。

ああ、弟と。なんだろう。
妹が生まれた時に、無性にかわいくて仕方がなかった。なんか理由はない。
そう家族、弟と、弟とか、兄弟はなんでそう、そうなのって言われてこれですよっていう理由はない。まあ血繋がってるかな。

ー家族ってベタだと思うの。でも家族の写真出したのは初めてかな。奥さんと夫とかはある。家族っていう写真撮ってる人は初めてかな。そこは特別なのかな。

そうなの。そうだね。
うん。いろいろわがまま言ってることに、尽くしてくれることあるから。


ー自分がでもそれには。

まあ答えようとするよね。
でもそういうのを見てきてるから、弟とかになんかやってって言われると断れないことは。自分がそうされてきたように、なんか他の人にもそうすべきだなていう考えはある。


ーなんかその大切なものに関して、他に言っときたいこととか、なんか言い残したこととか、これはなんかこころのまだあるなみたいなところ、あったりする。

うん。言っておきたいこと。もう聞きたいことはない逆に。


ーとりあえず今大丈夫だよ。

言っておきたいことか。
なんか特に思いつかないな。


そうだねえ。
やっぱり宗教と、その宗教を教えてくれた親が人生で一番、なんだろう中心になってるじゃん。それ兄弟は兄弟で、なんだろうやっぱ兄弟だから、そのなにか理屈抜きで大切っていう。それもやっぱり、親からのなんだろう教育っていうかなんていうか育て方と、その宗教的な考え方が合わさって無条件で好きかもしれない。
みんな好きなんじゃないかな兄弟は。


ー次は自分の夢について。自分がやりたいこととか、成し遂げたいとか。こういう風になりたいもしくはこのために今こう頑張ってるみたいな。

自分の夢について。なんか、これ一番恥ずかしいな。
それはね、言わなきゃダメ。言わなきゃダメ。


ーそんな言いたくないことがあるの。

ちょっとねえ。夢というか憧れというか、あったかい家庭を持ちたいと思ってる。
記録しなきゃダメ。これ記録しなきゃダメ。


ーうん、するよ。な、なんで。

なんで。やっぱり自分仕事してさ、帰ってきてさ、明るい、あったかい家庭あったらさ、仕事のつかれとか取れるしさ、頑張ろって思えるじゃん。


恥ずかしくて言えない。


ーそれは、なんでそう思うようになったの。

なんでそう思うか。
うちけっこう家族多いじゃん。楽しいとこもあるんだけど、ちょっと嫌なとこもあるのね。そういうところを見て、自分だったらこうしたいっていう、気持ちの表れでもある。ちょっとあんま深くなくてごめんね。


ーあったかくないと感じる時があるてこと。

それはまあ前なんだけど、昔親父めっちゃ怖かったの、理不尽に怖い感じ。そうだし、母さんにもまあ割と手あげるとこあったの。
で、そう、そういうところは、そういうところ俺見てると、割となんか顔色ばあかり伺うようになって。
で、それがその普通の友だちとの関係でも顔色を伺うような性格になっちゃうんだ。
だからやっぱそういうところで、自分ではちゃんとできるとは全く思ってないけど、そうしないで。今なに聞かれてたっけ。


ーなんであったかい家族を作ろうと思ったのか、作りたいと思ったのか。

ああ。温かい家庭を、それは。さっき言った始め言ったやつじゃない。そのなんで作りたいかは。


ーあ、作りたいと思ったきっかけ。

あ、きっかけか。
ああ、きっかけねえ。それは、なんか、いつだってのはちょっとわからないんだけど、今の家族を見てるうちに無意識にだと思う。無意識になんかそう思ったんだと思う。


ー今の家族を見て。

今のっていうか俺の家族を見て、感じてて、生活してて、そう。うん。


ーそれは今があったかいから。そういうわけじゃない。

あ、今っていうかまあ。
そうだね悪いところもね、悪いところは悪いところで自分が親になったときいかしたいし、いいところはいいところでいかしたい。
ただきっかけていう。ちょっときっかけにはなってるかもしれないんだけど、自分が親だったらこうしたいなみたいな。


ーそれはでもやっぱ親からの愛を感じてるから、思うようになった。

うん。そう、そんなあんま言われてなかったら、家庭なんか持ちたいとは思わないだろうし。俺割と家族にめっちゃ愛されてると思うけどね。
いや、うちの家族見たらさなんかさ、そんな感じしない。俺だけじゃなくて。
そう1人1人。


ー今の家族も大切にしたいし、将来の自分の、結婚する相手と作る家族っていうのも大切にしたい。

したい。