お金と気持ち

お金はありがとうを表現している。

ある人のこと少しだけ手伝ったら、1000円くらいのお昼とコーヒーをおごってもらった。
その夜、いつもお世話になっている人の誕生日ということで
1000円ほどのお酒を買って、お祝いをした。
店を出る時、ありがとうということで1000円ほどまけてもらった。

世の中はお金じゃないと言うけれど
それでも私たちはお金で自分のありがとうの気持ちを表現している。
あの人からおごってもらったお昼
また別の人からもらったお菓子
一杯いただいたお酒
全てそれはありがとうのしるしだと思う。

何気ない1日に気づいたそれは、大きな気づき。
私がいつももらっている給料というお金は
多くの人のありがとうが繋がり。

それの使い方は私が決めることであり
私だけのために使うこともできる。
でも私は私の中にあるありがとうを表現するために
それを使うことも必要だと感じている。
それが私の生き方なのだと思う。

それを気づかせてくれた何気ない1日に感謝しなければならない。

コメントを残す